2007年07月18日

行ってきましたGUNS N' ROSES

20年の時を超え、ついに本物の声を聞いちゃった。

本当に本当にホントウにものすごく憧れたアクセルの生の声を聞きに行った。
とりあえず前の2回は普通に名古屋飛ばしで、東京と大阪とかだったけど、ついに行けるところでのコンサート。前回のコンサートは社会人にもなっていたのでお金出せば行けないことはなかったけど、泊まりになるとかいろいろ考えたら行けなかった。
しかし、今回は違う。行ける場所なのだ。確かにスラッシュもダフもイジーもいない。
今回はAxl and his Bandとして割り切って見に行った。

子供もいる年齢になって、1人だしどうやって盛り上がろうか、なんて考えてたけど、アクセルが出てきた途端頭真っ白。普通に学生時代のように拳を振り上げ、ジャンプし、大声でがなりまくり、ほぼフルで歌いきり、完全にあの頃に戻った。
あれを見ちゃうと、アクセルは『そのままロックスターとして君臨してくれ!』それしか言いようがない。
細かいことを言えばいくらでも出てくるけど、アクセルファンのオヤジとしてはもうこれだけしか言えない。
実はアクセルが登場した途端、冗談ではなく泣きそうになった。『本物だ!あの声だ!』 今回はアクセルを見に行ったのだから今回のコンサートはオレとしては大満足。新曲以外はほぼフルでオレも歌いきったよ。予習した新曲はさすがに無理。聞きづらい音源、会社で聞いていたから音が小さいなど、メロディーを覚えた程度。
アクセルのすごいのは、他のバンドの高い声で歌うボーカリストはコンサートではハイトーンになる部分を音程変えて歌ったりとセーブしたりするけどアクセルは全開。あれでツアーもつのか?とか心配したりするけど、あれでいいんだろうね。そうでなきゃ、オレもいやだ。
太ったアクセルはちょっと・・・とか思うけど、お前はどうなんだとか言われるとまた困ったりするオレ。

で、気になったことも書いちゃおうっかな。
まず、音が良くない。会場のせい?音そのもの?
ギターは3人いらないでしょ。それぞれのスタイルがあって、それぞれよくわかったけど、やっぱりここはスラッシュじゃなきゃな、とかイジーがいたならこんな感じだろうなとか、割り切っていても思ってしまう。多分会場にいた人たちのほとんどはそう思ったでしょう。
新曲のChinese Democracyは予習しているときに、ものすごくテクニカルなギタリストがいる、えぇぇ、これGUNSじゃないじゃん、スイープとかやっちゃうギタリストってー・・・。って思ってて、実際にChinese Democracyのソロではスイープしてた。曲自体はまあアクセルが歌ってるからGUNSなんだけど、そういうところでもやっぱりスラッシュがいてほしい・・・なんて思っちゃうのよ。
APPETITE FOR DESTRUCTIONがやっぱりベストだ!と思うのはオレだけではないはず。

そういえば、ベースの人って目立たなかったな、どういう人?

Axl and his Bandって感じで見に行ったから、もう少しボーカルのマイクの音量を上げて欲しかった。というのはオレだけなのかな?
USE YOUR ILLUSIONツアーの時にビデオ出てるから、それ見て知ってはいだけど、アクセルって観客を盛り上げたり煽ったりっていうことをあまりしないのね。

曲順はいろいろなサイトで書かれているような感じ。Jungleで始まってParadise Cityで終わる、基本的にはベストヒットオンパレード。新曲は基本的にはわからない人が圧倒的。まあ、当然といえば当然。
個人的に好きなRocket QueenとLocomotiveをやってほしかったな・・・。

まあ、興奮したブログはこれくらいにしておいてやる。まだ書きたいことは山ほどあるから、もう少し落ち着いてからだな。
posted by JUNK at 22:41| Comment(42) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。